本当は怖いレーシック手術。簡単さの裏に隠れた失敗の大きなリスク。

眼鏡やコンタクトレンズのわずらわしさを知っている人が一度は考えてしまう「レーシック手術」。レーザー照射によって角膜を削り、視力矯正をするというものです。手術は一日で終わるため入院の必要もなく、術後数週間から一カ月の間に視力が安定するため、その簡易さから比較的手を出しやすい手術と言えるでしょう。しかしながら、その簡易さの後ろに恐ろしい失敗例があるということは、意外と知られていないものです。
レーシック手術後のよくある異常として軽いものは、目が乾燥しやすいドライアイや、術後すぐに視力が戻ってしまうことなどがあげられます。また、手術をした目が充血する・熱を持つ・光が強く見えるといったかすかな不快感を伴うものもあります。影響がこれだけであれば、「裸眼で過ごせるのなら」と手術を受けようと思うかもしれませんが、重度なものになると日常生活に大きな支障をきたすものもあります。実際、手術の失敗のために人生をめちゃくちゃにされ、自殺をしてしまった患者も存在するのです。
レーシックの失敗例、後遺症としてよくあるものが「過矯正」です。その名の通り、行き過ぎた矯正のために視力が極端に良くなりすぎてしまうことです。「視力はよければよいほど便利なのでは」と思うかもしれませんが、言ってみれば過矯正は「極端に度が強い眼鏡を常に装着している状態」であり、当然のことながら目に大きな負担を常に強いられることになります。遠くを見るならまだしも、手元のスマートフォンや、デスクに置いたパソコン程度の距離ものをそんなに強い視力で見てみれば、大きな負担となってしまうことは想像に難くないでしょう。眼精疲労が溜まり、その影響によって頭痛、吐き気、めまい等の症状も引き起こしてしまいます。
次によく見られる失敗例は、「ハレグロア」という光の異常です。とくにこの症状は夜の街中で起るものです。街灯やネオンライトの光を見ると、その光が異常に強く感じられ、時として眼球に強い痛みや不快感を引き起こします。夜にサングラスをしなくてはならないくらい、光に弱くなってしまうのです。
過矯正やハレグロアといった症状が起きてしまえば、日常生活で常にストレスにさらされてしまいます。目の負担を避けるためには「目を閉じる・眠る」という方法しかありません。目が辛い時は眠る。その状況が日常になってしまったとき、当然仕事にも支障が出るでしょう。
簡単なレーシック手術ですが、万が一のことを考えて手術の是非を決めるべきでしょう。